口コミの評判は?プロジェクト2020で話題のサチン・チョードリーとは!?

プロジェクト2020の話題

インド人実業家として日本やアジアで活躍をしているサチン・チョードリー氏が、英語講師として出演しているプログラムがあります。それが「プロジェクト2020」です。母国インドでは英語は公用語となっているため、これまで英語を生かして多くの国で活躍をしてきた実績があります。今回はサチン氏の英語学習指導についての口コミについてご紹介したいと思います。

サチンのプロジェクト2020を無料視聴

世界ではサチンのようなインド人が大活躍中

今、インド人の実業家がアジアのみではなく世界中で大活躍をしています。結果的にはあまり良くありませんでしたが、日本ではソフトバンクがインド人のニケシュ・アローラ元副社長を孫会長の次期後継者として、迎え入れていたこともありました。これだけインド人が世界で歓迎される人材であるのは、数学に強く、公用語が「英語」であるということが大きく影響していると指摘されています。やはり「英語」が話せるというだけで、ビジネスチャンスは多くなるのだと思います。

そして今、日本で活躍しているのがサチン・チョードリー氏です。これまで、「インド人大富豪 成功の錬金術」「大富豪インド人のビリオネア思考」「世界のお金持ちがこっそり明かすお金が増える24の秘密」などの書籍を出版し、「news every」「NEWS ZERO」などにもメディア出演した経験があります。更には、経営コンサルティング事業を行うAVS株式会社や鳥取県の地域活性化を目的に設立された株式会社ITTRの代表取締役としても実績があります。国際コンサルタントとしては、JTB、パナソニック、神戸製鋼、日産など、日本の一流企業を相手に異文化経営や戦略について指導しているのも特徴です。

インドでは、成功者の哲学として「ジュガール」という成功の法則があります。ジュガールの代表的な考え方としては、「少ない力で多くの利益を得る」「考えるよりも行動する」「シンプルに考える」などが挙げられます。これらはサチン氏が指導する「少ない単語数・短い文章で実際に英会話を使ってみる」という英語学習の教えにもつながります。色々とアレコレ難しく考えて、実践の英会話では使えない日本人にとっては、「効果的な英会話学習とは?」を考えさせられます。

サチンのプロジェクト2020を無料視聴

プロジェクト2020はシンプルな英語だからわかりやすい

まず、プロジェクト2020の口コミで評判が良いのが、「シンプルな英語指導」についてです。

  • 単語数が多くないし、シンプルフレーズを覚えるだけで英会話ができるのでやる気が出た。
  • 英会話ってもっと難しいものだと思っていましたが、簡単な単語と最小限の文法だけでこれだけ話せるようになるとは思いませんでした。
  • 30日間で英会話がマスターできると聞いて最初は疑っていたけど、やることがはっきりしていて、単語の量やフレーズの記憶もそれほどきつくないので、「これならできる」と納得しました。
  • 覚えた30フレーズを試しに、海外に行きたいという気持ちが出てきました。

英語はメンタル

次に、サチン・チョードリー氏の指導で、利用者が感銘を受けるポイントに一つに「英語を話す心構え」があります。このメンタル指導についても、口コミではかなり高い評価を得ていました。

  • これまで自分でブロックをかけていたことが原因で、英会話がなかなか話せないことに気づきました。
  • 英語力の問題ではなく、メンタルの問題だとわかり、解決方法がわかっただけでも大きな成果だと思いました。
  • レッスンを見てから英語を話すことが怖くなくなりました。メンタルってすごく大事なものなんですね。
  • メンタルブロックの外し方なんて、今まで習ったことがなかったけど、これが仕事で一番役に立っています。

サチン先生だから信頼できる

最後に、サチン先生自身への評価も口コミで聞かれました。

  • 実績がある人だから、言っていることに説得力がある。教え方も上手で、わかりやすい。
  • 日本語が話せるし、上手いので、親近感が沸きました。言っていることも的確です。

悪い口コミについても調べてみましたが、現在のところはネガティブな意見がほとんど見られませんでした。

サチン先生の英語指導は、「完璧を目指さないから話せる」という点が特徴です。ノンネイティブである日本人が英語話者のほとんどいない日本という環境で、ネイティブのような完璧な英語を身に着けるということ自体、やはり「高すぎる目標」なのだと、早く気づく必要がありそうです。そして、その目標が達成するのが難しいのであれば、早々にサチン先生が提案するような、7割~8割程度の「伝わる英語」へ学習方法をシフトするのも大切な判断かもしれません。

英語で「要点」が伝われば良いので、要点を外さない表現方法をしっかり覚えて行くことが、実践では役立ちます。実際にビジネスの世界で経験をしてきたサチン先生だからこそ、本当に必要なフレーズや単語がどれなのか、判別することが出来ると言えます。ネイティブに通用するフレーズというのは、日本人が受験英語で学ぶ英語とは「別物」と言われています。それだけに、英会話で通用する英語を学ぶためには、日本国内の経験しかない英語講師よりも、海外での実践経験があるサチン先生のような講師に学ぶのが一番良いのかもしれません。

サチンのプロジェクト2020を無料視聴

コメント